PLCプログラム

スポンサーリンク
KEYENCE

キーエンスPLCのすごいところ その4 ファンクションブロック

キーエンスPLCのすごいところ その4 ファンクションブロック キーエンスPLCのすごいところ KV8000から使える構造化変数。今回はファンクションブロックの使い方の一例を紹介します。<!-- wp:paragraph --> <p>一度ファンクションブロックと変数、構造体を使うとやめられないですよ。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>XがYが・・デバイスマップがなんて必要なくなるので・・ぜひ食わず嫌いせずにやってみてください。</p> <!-- /wp:paragraph -->
FA記事

KEYENCE VS Melsec 「Ethernet通信設定編」

KEYENCE VS Melsec 「Ethernet通信設定編」IOTだDXだと騒がれていますが、FA設備でもEthernet使う場面が多くなりました。そこで、パケット通信で汎用機器との通信をするのにどのようにしてやるのか、KEYENCEとMELSECで設定方法、確認方法等を踏まえて両者を比較したいと思います。(個人的見解多数あり)
FA基礎

エアーシリンダーの制御プログラム

エアーシリンダーの制御プログラムFA装置でエアーシリンダーを使う場合のプログラム手法を紹介します。エアーシリンダーは、それ自身を操作するのではなく電磁弁の開閉で動かします。プログラムではシリンダー出、戻を電磁弁1または2個で操作します。 また、動作の確認用でオートスイッチをつける場合もあります。これを付けることでシリンダーの状態を把握します。(赤〇部分がオートスイッチ)
FA基礎

MOV命令の使い方 「デバイス転送について」

MOV命令の使い方 「デバイス転送について」 MOV命令は、PLCプログラムを作成する上で、初級と中級者での境になる命令語かと思います。使っていく上で、BMOV、FMOV、DMOV、EMOVと応用も必要となってきます。 MOV命令とは 機能説明
FA応用

RAMP命令とSTEP昇温プログラムをSFCで作成してみましょう

RAMP命令とSTEP昇温プログラムをSFCで作成してみましょう昇温制御では、最終設定値到達まで100%出力するとうまくない場合があります。例えば、殺菌装置では、80℃で3分保持してそれから100℃を10分のように熱がうまく伝わるようにします。また、炉制御では、温度の急激な上昇によりダクト膨張が大きくなったり等の機械破損とならないようにステップ昇温することもあります。このような制御するのにRAMP命令というのがありますが、この命令だけでは、処理できない場合も多々あるので今回はSFC(シーケンシャルファンクションチャート)という言語でSTEP昇温プログラムをつくってみましょう。
Melsec

PID制御 プログラム

PID制御 プログラムPID制御を簡単に説明すると以下のような制御です。 目標値と実値の偏差を演算し、  ・絶対値に応じて制御量を決めるのがP制御  ・積算値に応じて制御量を決めるのがI制御  ・微分値に応じて制御量を決めるのがD制御
PC備忘録

サンプルプログラムでPC-PLC通信をします「VB2008対応」

サンプルプログラムでPC-PLC通信をします「VB2008対応」PC-PLC通信するには、三菱の場合だと言語系で開発する場合は、MX-Compornetを使うと簡単に通信できます。今回は、Windows7Compact(K社)のハンディで通信させたいので、この通信部分をサンプルプログラムを転用して作ります。
FA応用

エンコーダー演算処理方法(パルス積算プログラム)

エンコーダー演算処理方法(パルス積算プログラム)エンコーダーを使って生産長さや測長、位置決めのための積算演算処理をするプログラムについてプログラムを考察します。
PLCプログラム

自動バッファ制御プログラムドキュメント

自動バッファ制御 プログラムドキュメント
FA基礎

インバータ駆動をCC-LINK通信でやりましょう

インバータ駆動をCC-LINK通信でやりましょう
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました