Melsec

スポンサーリンク
FA記事

キーエンスPLCの活用方法「スレーブPLCとして活用します」

キーエンスPLCの活用方法「スレーブPLCとして活用します」 最近の半導体不足の影響でFA機器、部品が入手困難となってきています。 なのにキーエンスPLCは、即日対応可能ということで、三菱PLCのスレーブPLCとしてキーエンスPLCを使った事例を紹介します。
FA応用

超簡単EXCELでDX MX Sheets(MX Component)でやってみた

超簡単EXCELでDX MX Sheets(MX Component)でやってみた 起動するにはまず管理者として実行します(MX Componentの場合) MX Sheetsの場合、EXCELで簡単にPLCと通信できます。
FA応用

エンコーダー演算処理方法2 (リングカウンタ:一致出力を割込みプログラムで処理)

エンコーダー演算処理方法2 (リングカウンタ:一致出力を割込みプログラムで処理) エンコーダーの演算処理方法でリングカウンタでの処理と一致出力を使った割込みプログラムを紹介します。PLCのプログラムで処理する場合、エンコーダーの値で処理を実施するとスキャン時間の影響を受けて実際とずれが生じる場合があり、極力正確に計時したい場合は割込みプログラムで処理します。
FA記事

EXCELで三菱PLCと通信「MX Sheetsを使ってみます」

MX Sheetsを使ってみます ります。使用するにはMX Componentが必要となります。EXCELで三菱PLCと通信
FA基礎

インバーター回転数を安定させるパラメータ設定について

インバーター回転数を安定させるパラメータ設定について  インバーター回転数は周波数設定すれば、その回転数で運転するはずですが、外力の影響等で30Hzと設定しても29~31Hzとばらつくこともあります。その場合に設定するパラメータ設定を紹介します。(三菱インバーターのA700場合)
FA応用

RAMP命令とSTEP昇温プログラムをSFCで作成してみましょう

RAMP命令とSTEP昇温プログラムをSFCで作成してみましょう昇温制御では、最終設定値到達まで100%出力するとうまくない場合があります。例えば、殺菌装置では、80℃で3分保持してそれから100℃を10分のように熱がうまく伝わるようにします。また、炉制御では、温度の急激な上昇によりダクト膨張が大きくなったり等の機械破損とならないようにステップ昇温することもあります。このような制御するのにRAMP命令というのがありますが、この命令だけでは、処理できない場合も多々あるので今回はSFC(シーケンシャルファンクションチャート)という言語でSTEP昇温プログラムをつくってみましょう。
Melsec

PID制御 プログラム

PID制御 プログラムPID制御を簡単に説明すると以下のような制御です。 目標値と実値の偏差を演算し、  ・絶対値に応じて制御量を決めるのがP制御  ・積算値に応じて制御量を決めるのがI制御  ・微分値に応じて制御量を決めるのがD制御
FA応用

FAネットワーク複数PLC+GOTのシミュレーション「マルチCPU3台接続でSoftGOTと接続」

FAネットワーク複数PLC+GOTのシミュレーション「マルチCPU3台接続でSoftGOTと接続」複数のPLCに接続するタッチパネル(GOT)で、その動作を確認するにはどうしたらよいか? タッチパネルはSoftGOTに変換してPC上でエミュレートすることとします。複数構成のPLCはベースユニットも数がないのでマルチCPUとしてプログラムを編集して実施してみます。
FA応用

MX Componentを使ってみます

MX Componentを使ってみます三菱電機製品でMX Componentというのもがあります。VB.netやVBAで簡単にPLCと通信ができるというツールです。サンプルもあるので、VBで実行してみます。
FA応用

三菱PLC 割込みプログラムやってみた

三菱PLC 割込みプログラムやってみた
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました